大沢俊介のブログ|SHITTAKA TOKYO

世の中を斜めの角度で歩く、大沢俊介の提供でお送りします。

ブログ、ライターをこれから始める人にオススメの参考書籍9選。ライティング+SEO+印象に残る文章術

      2017/06/08

Pocket
LINEで送る

こんにちは。オオサワです。
最近はキュレーションメディアの台頭、ウェブメディアの成長によってライターとして記事を制作する人たちが増加しました。
一方、文章を書くための情報はあまり書籍にはまとまっておらず、ウェブ上に点在している状態になっています。

ただ、書籍のほうが網羅的な、俯瞰的な知識がつくと思っているので、今回は僕がライターをやってきて参考になった書籍を紹介します。
ブログ、ライターを始める人におすすめの書籍ということで、文章の書き方、SEO対策、印象に残る文章のつくりかた、という3点に分けて書籍を紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

ライティングの基礎は「読みやすい文章」「楽しめる文章」にある

最初は、書き方、ライティングの基礎力を上げるための参考書籍のまとめです。
まずは文章を書くときにこころがけるべき、視点や思考を学べるものを紹介します。

武器としての書く技術

ブロガーとして有名なイケダハヤトさんの書籍。
定番中の定番ですが、「あまり気張らずに書くこと」「ブログを書くときに大切なこころがまえ」「ウェブライティングの基本的な見せ方」を簡単に学ぶことができます。
本人もウェブライティングを続けて、1日に10本も記事を書くということなので、内容が軽い文章が多いっちゃ多いですが、ブログ、ライティングを始める基礎としては重要な参考がまとまっています。

また、ブログを運営するときの視点も多く知ることができるので、ブログを始める人は参考にするといいでしょう。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

芸能情報を中心に複数のニュースサイトを運営するナタリーの、文章術を紹介している書籍です。
ナタリーは、もともと属人性の高くない文章の生産方法、誰も傷つかない文章、を心がけて運営体制が作られているので、初心者のライティングの勉強には適した本だと思います。
また、編集に力を入れつつも、初心者、入門者にも読ませやすい文章の書き方を紹介しているので、ウェブライティングには最適な入門本だと言えます。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

こちらは上記2冊とは違う、もう少しがっちりしたライティングを学べる書籍です。
ライターとして活躍する著者が文章力を上げるために必要なことをまとめた一冊です。
上記二冊よりも文章をしっかり書くための方法が紹介されているので、もっと上達したい、と思ったらこちらも読んでみるといいでしょう。

文章でも人に影響を与えられる。

文章で人に影響を与えるための思考方法を学べる書籍を紹介していきます。
文章というよりは思考方法、コミュニケーション術を紹介しているものが多いですが、考え方としてかなり参考になるかと思います。

人を動かす 文庫版

私が一番推している一冊でもある「人を動かす」は、他者の気持ちを理解する想像力の大切さを紹介してくれます。
相手の気持ちを想像し、理解することで、コミュニケーションを円滑にすることは一層容易になるでしょう。

文章を書くときにも想像力を広げ、誰に書くのか、を明確に意識するために有用です。

伝え方が9割

伝え方が9割は、コピーライターとして活躍する著者の経験やノウハウを元に書かれた一冊。
しなやかに伝えることを意識することができ、かつ文章の作り方、考え方なども学べます。

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器はそれこそダイレクトマーケティングや、セールスで活用できる超分厚い啓発本。ですが、実際に使ってみると恐ろしく人に影響をあたえられる。怖いくらいに影響をあたえられるのです。いわば、情報の非対称性をフル活用して、詐欺とは言えないものの人に激しい影響を与えるためのノウハウが書いて有る、という感じです。

セールスマンに感じるうさんくささと信頼のバランス、うさんくささが多少あっても、なんかいいことを言っているから信じて購入してしまう、あれをあなたができるようになる、という本です。闇ですよこれ。

SEOの基礎知識はこれからのライターの必須スキル

ライティングのためのSEOを学びたい!という方はこちら。最近はそれほど重要ではなくなってきていますが、それでも基礎知識を入れるために参考にするといいでしょう。さらっと流し読み推奨。

SEO対策のための Webライティング実践講座: 鈴木 良治

SEOライティングのために書かれた本。これが一番おすすめです。キュレーションメディアやブロガー、ライターとしてSEOを学びたいという人はバズ部を読み込む前にこれを一冊読みましょう。今一番おすすめのSEO本。

10年つかえるSEOの基本

こちらはSEOを学ぶときに一番最初に読むといい、概念の入門本。SEOってけっこう技術的、テクニックよりの話をされることが多いのですが、どちらかというと、時代に合わせて変動するユーザーのニーズを汲み取って検索エンジンを開発しているグーグルの思想を理解すること、のほうが重要なんですね。それを理解している上で、技術的な部分を研究して解明する。それがSEOです。

この本は、その思想と技術的な部分の基礎を教えてくれる一冊。今までは概念本はあまりなかったので、おすすめ。

WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル

最後は、タイトルの通り、WordpressでのSEOをする際に参考にできる一冊。ライティング系のSEOとWordpressは切り離せない存在であるとも言えますので、ライター予備軍の方がこの一冊を手にとって学ぶことは非常に価値があるでしょう。中身ない紹介していますが、この3冊は全部良書なので、初心者は読んだほうがいいと思います。

まとめ

だいたいこんな感じでしょうか。内容は本当にシンプルに、初心者のため、という感じです。ぜひ参考にしてみてください。発展しそうになった人は、他記事もぜひ読んでみてもらえると幸いです。

参考になる記事は「ブログ・メディア運営」カテゴリや「マーケティング」カテゴリにあるのでぜひ。

他にも、こちらを参考に。

ブログをこれからはじめようとしている人におすすめのブログサービス6つ。

【保存版】SEOを学ぶときにおすすめしたい参考書籍・ブログ・記事・著名人をすべてまとめました。

94年2月生まれ、雑司が谷在住のフリーランスライターです。レオパレス21やヤフーのオウンドメディア、テッククランチでのライターをやっています。あとはIoT/DIY/ライフスタイルなど幅広めの連載をやったりしています。エッセイスト志望
Pocket
LINEで送る

 - コンテンツ制作, 書籍 , , , , , , , , ,